布団がいらない『ステルス』ダイニングこたつ

シェアする

dining

こたつ布団の要らないダイニングこたつ『ステルス』とは、どういった感じなのでしょうか?こたつのように温かいの?使い勝手・メリット・デメリットを考えてみましょう。

ステルスとは?

輻射熱加熱方法(太陽熱と同じ)で、ヒーター部から出る光が当たった瞬間から足もとがポカポカと温かく感じることができるこたつのことです。

メリット

すぐに温かい

遠赤外線の輻射熱過熱方式なので、光が当たった瞬間からポカポカと温かさが感じられます。

布団がなくても温かいです。

急な冷え込みに対応できる

秋や春に、暖房器具をなおしてしまった時、急に寒くなることってありますよね、そういった場合でも、1年中ダイニングテーブルとして使用できるので、急な冷え込みにも温かく過ごすことができます。

掃除がしやすい

こたつだと布団があるので、毎日の掃除のときに布団をあげて掃除しないといけないですが、ステルスなら布団がないので掃除がしやすいです。

ヒーターなので、ファンがなく埃が立つこともないです。

部屋がスッキリ

ダイニングこたつとは違い、布団がないので見た目もスッキリしています。

電気代が安い

エアコンでは、なかなかテーブルの下まで温かくならないですが、ステルスは足元が温かく、電気代もあまりかからないです。

部屋も温まる

こたつだと、布団があるのでこたつの中だけ温かいですが、ステルスは、ヒーターから出た熱はある程度の時間、使い続けることでお部屋の温度も多少は温もりがお部屋に広がっていきます。

安全

ステルスのヒーターは本体に布のようなもので覆われており、ぶつけても火傷になりにくいつくりになっています。
そのため、小さいお子さんや高齢者の方にも使いやすいですね。

デメリット

こたつとしては・・・

ステルスは、こたつのようにヒーターがついていますが、布団がない分やはり、こたつとは違います。

こたつの温かさが好きな方は、ちょっと違うように感じられます。

まとめ

ステルスは、布団の上げ下ろしもなく、掃除がしやすいので足腰が不自由な高齢者の方にも良いですね。

ヒーターの安全も考えられているので小さなお子様がいるご家庭にもおすすめです。

シェアする

フォローする