丸いダイニングセットの脚の種類

シェアする

カフェテーブル/リビングテーブル 【円形 直径60cm】 ホワイト 1本脚スタイル 『NEW Round table high』

円形の丸いタイプのダイニングテーブルってかわいらしいですよね。一度は置いてみたいなぁと思った事はないでしょうか。
丸いテーブルの使い勝手のひとつとして使い勝手の良い脚のタイプはどういったものなのかを考えてみました。

ダイニングテーブルには、円形の丸いタイプがあります。四角もいいけど、見た目が可愛いいですが、使い勝手はどうなのか?メリット・デメリットを考えてみましょう。

丸いダイニングセットの脚の種類

4本の脚

  • 脚が天板の端にある分座る人数が限られます。
  • 四角のダイニングテーブルのように安定しています。

1本の脚

  • 天板の真ん中にあるのでテーブルを囲んで好きな場所に座る事ができます。
  • 1本脚がおしゃれでかっこいい印象があります。
  • 天板を支えるために脚の下部分がどっしりとしていますが椅子を引いたとき、座った時に足にあたるなど気になることもあります。
  • テーブルはどうしても片方を押さえたり、肘を付いたりします。そうすると、脚1本で天板を支えているのは、若干不安です。
  • テーブルの端っこに極端に体重をかけてしまったりすると、押された反対側は引き抜きの力がかかるため、どんなにきっちり固定されていたしても数年たて天板と脚の支えのビスが緩んできたりします。
  • 天板をしっかり支えるために重量感のある脚になっているとなるとかなり重くなり移動が大変です。
  • 2人で座る場合、対面に座ったり 横に並んで座ったりという感じで相手との距離感を自由に変えれます。

  • 3人使用の場合のように奇数人数でも イスを4脚(偶数で)買わなくても おかしく見えません。

    丸いダイニングセットの種類

円形ダイニングテーブル・ダイニングチェアセット 『NESTER』

しっかり安定感のある4本脚の丸いダイニングセットです。

カフェテーブル/リビングテーブル 【円形 直径60cm】 ホワイト 1本脚スタイル 『NEW Round table high』

1本脚のカフェ風ダイニングテーブルです。天板の大きなタイプにする事で人数がたくさん座れます。

まとめ

丸いタイプのダイニングテーブルには、おしゃれな雰囲気で人数がたくさん座れる1本脚タイプと安定感のある4本脚のタイプがあります。

脚のタイプでも部屋の雰囲気が違ってくるかと思います。自分のお部屋にあった雰囲気の脚のタイプを選ぶと良いでしょう。

シェアする

フォローする