高齢者におすすめのダイニングこたつの選び方

シェアする

ダイニングこたつテーブル Repol ルポール

昔ながらのこたつが好きな高齢者の方もいらっしゃるかと思いますが、高齢になると足腰が不自由になってきて、椅子の方が座りやすくなってきます。そこで、こたつがハイテーブルならどうでしょう。高齢者におすすめのダイニングこたつの選び方について考えてみました。

ダイニングこたつのメリット

足腰の負担が少ない

高齢者になると床に座る・立ち上がるというのは大きな負担です。ハイタイプのダイニングこたつは、負担もすくなく冬でも温かく過ごせます。

オールシーズン使うことができる

高齢になると、重いものを運ぶことも不自由に感じられることもあるかと思いますが、オールシーズン使えるタイプだと、季節によってなおすこともないにで、1年中使う事ができます。

省エネ

高齢者の方で電気代を気にして寒いのに暖房器具を我慢される方もいるようです。

ハイタイプのダイニングこたつは、部屋全体を温めるエアコンよりは、居場所の部分を温めるので省エネです。

横広がりにならない

高齢者の方は足元がつまずいて骨折してしまうとかいう話も聞きますよね。ハイタイプの布団だと薄いタイプなので横広がりにならず、足元がすっきりしてつまずくことも少なくないです。

食事中温かい

こたつ型の椅子に座れるタイプなので、温かく食事を取る事ができます。

部屋の空気が乾燥しない

部屋全体の空気を温めるわけではないため、エアコンとは違って空気が乾燥することがないです。

ダイニングこたつのデメリット

収納スペースが必要

こたつ布団がハイタイプのため、普通のこたつ布団より大きめになり、プラスの収納スペースが必要です。その為、布団の上げ下ろしが苦痛に感じられるかもしれません。

こたつ布団の要らないダイニングこたつ『ステルス』とは、どういった感じなのでしょうか?こたつのように温かいの?使い勝手・メリット・デメリットを考えてみましょう。

テーブルが重い

ダイニングこたつは、テーブルにヒーターがついているので重いです。高齢者の方には、移動が大変かもしれませんね。

しかし、最近では軽めのテーブルがあるようなので探してみるといいです。

掃除がしにくい

布団があるので、布団をめくって掃除をするのが、高齢者の方には、負担になるかもしれません。

食事がしにくい

ダイニングこたつは、食事をする時にも使用するので汚れやすい上に、布団がもっさりと邪魔な感じがして食事がしにくいです。

洗濯が大変

ダイニングテーブルとして使う事で食事を取る事が多くなる分、布団が汚れやすいです。ハイタイプのダイニングこたつは、布団が大きくなる為、洗濯するのも干すのも大変です。高齢者の方には、しょっちゅう洗濯となると負担に感じるかもしれないですね。

まとめ

高齢者の方におすすめのダイニングこたつとは、足腰の負担が少ないハイタイプのダイニングこたつが良いですね。ただ布団をかけることでデメリットもあるかとおもいます。色々な布団の種類・お手入れなどを考えて温かく過ごせるダイニングこたつを探しましょう。

ダイニングテーブルセットと暖房器具の購入を考えている方へ。暖房としても使えるダイニングこたつの使い勝手はどうなんでしょう。メリット・デメリットを考えてみましょう。

シェアする

フォローする