ソファーとベンチの違いについて

シェアする

Sofa and bench

ダイニングテーブルに組み合わせるものとしてソファダイニングを探していたところベンチを見つけました。ソファとベンチって似ていませんか?そこで、ソファとベンチでは何が違うのかなぁと思い今回は、ソファとベンチに違いについて考えてみました。

ソファー

Sofa and bench1

ソファは、革張り(本革や人工皮革)やファブリック製で、枠は木や金属で構成されています。内部には座り心地をよくするクッションがあり、コイルばね、スポンジ、ウレタンなど弾力性のあるクッション材が用いられ作られています。
座るためだけでなく、ソファの上に横になって寝るための寝椅子としても用いられています。

  • 主に布製や革製で、室内にあることの方が多い。
  • 柔らかいイメージ。
  • 背もたれの付いたクッションのある長椅子。
  • 両側に肘掛けがある。
  • 座面の部分が柔らかい。
  • ゆっくりくつろげる。
  • 人が座ったり横たわったりすることのできる。
ダイニングにソファの使い勝手はどうなのでしょう。お気に入りのソファを見つけた場合のテーブルサイズは?など、メリット・デメリットを考えてみましょう。

ベンチ

Sofa and bench2

昔のベンチは、背もたれ無しの腰掛けの長い椅子でした。最近では背もたれのタイプも増えてきています。

座面には木製、合成樹脂製、石造等が用いられ、広場や公園、待合室、駅のプラットホームなどの公共空間に設けられていることが多いです。

  • 主に木製で屋外にあることの方が多い。
  • 堅いイメージ。
  • 2人以上が腰かけることができる横長な椅子。
  • 古くは背もたれがない腰かけ用の台とされていました。
ダイニングテーブルとチェアのセット考えてみたとき、ベンチタイプの椅子もいいなぁ、便利そうだなぁと思ったことはないでしょうか? ベンチだと人...

まとめ

ソファーとベンチは形は似てますね。

ソファーは、人が座ったり横たわったりすることのできる快適性があるものです。

ベンチは、腰かけることができる横長な椅子です。

快適性があるかないかが大きな違いとなります。

昔のベンチは背もたれなしが多かったですが、近年では背もたれがついた長い椅子もベンチと呼ばれています。そして、インテリアとしてベンチは、部屋の隅に小さいベンチを置いたり、ダイニングソファー同様にダイニングテーブルセットとして実用性を兼ねたおしゃれなインテリアとして人気があります。

シェアする

フォローする