ソファダイニングの高さとメリット・デメリット

シェアする

sofa1

ダイニングにソファってどうなのかな?と考えてみてことはないでしょうか?

ダイニングセットは欲しいし、リビングにはソファを置きたいけど両方置くとなるとスペースがかなりいりますよね。
ダイニングが狭い場合などは食事後にくつろげるようにソファをテーブルとセットで置いてみたりすると良い感じもしますが、使い勝手はどうなのか・・・メリット・デメリットを考えてみました。

ダイニングソファとは?

sofa

ダイニングテーブルと椅子ではなく、ダイニングテーブルとソファの組み合わせのことです。

食事スペースにくつろぐ機能をプラスされていて、座面にも背もたれにもクッション性を持たせ、ゆっくりくつろげるようになっています。ダイニングソファーは一人掛けのタイプとベンチに背もたれをつけたような数人掛けタイプがあります。

食事をしながらテレビを見るなど、食事スペースでゆったりくつろぐ習慣があるご家庭向きです。

ソファダイニングとは?

リビングのソファで食事をとることを考えてテーブルを組合わせたものです。一般的なソファに合わせるのは、ローテーブルであり、食事をとることを重視していないので、食事をするには低く、小さめのものやデザイン重視のものが多くあります。それに対して、ソファダイニングは、リビングのソファに座りながら食事をすることを考えて食事をするのにちょうどよい高さのテーブルを合わせます。

一般的なダイニングセットより高さが抑えられるので、狭いリビングダイニングでも圧迫感が少なく、開放的に見せることができます。足を座面にのせたり、寝転がったりして食事だけでなく一日を通してくつろげるスペースとなります。

一般的なソファの高さは?

一般的なソファの座面の高さは38~45㎝とされています。
ソファの座面の高さは、座り心地や使い心地が変わってきます。使用用途によって高さを考えてみないといけないかと思います。
ダイニングテーブルとソファのセットにする場合、座り心地の良い高さはどうなんでしょう。一般的なダイニングテーブルの高さは約70cmですから、ダイニングソファーもこれに合わせた高さにすると食事がしやすいでしょう。

食事中に「何となく落ち着かないなぁ」「食べにくいなぁ」など感じたことはないでしょうか?椅子が低かったり、高かったりとダイニングテーブルと椅子の高さが合ってない場合が多いのです。好みの椅子を見つけるとともに、座りやすく食事がとりやすい高さをしっかりと押さえておきましょう。

ソファの下は埃がたまりやすいので、掃除がしやすい隙間スペースの高さも考えて置くと良いでしょう。

座面の硬さ

クッションが柔らかく深く沈み込むタイプであれば、深く沈み込んだ分、座面の高さは低くなってしまいます。そのため腰や膝に、思わぬ負担をかけてしまったり、食事が取りにくかったりするので座面の硬さもチェックしないといけません。

座面が高すぎるときのデメリット

長時間座ると疲れる

ソファだと奥に深く座る感じになる為、足が床に届かなく、足が浮いた状態なので、落ち着かなく感じられ長時間座っていると疲れてしまいます。

圧迫感がある

座面が高くなると目線が高くなるため、圧迫感があり、部屋が狭く見えます。

座面が低すぎるときのデメリット

長時間座ると疲れる

足を投げ出すような姿勢になってしまって正しい姿勢を保つことができない・落ち着かない・腰が痛くなるなど長い時間座っていると疲れます。

立ち上がりがしんどい

おしりが低い位置から立ち上がる必要があるので、重心移動がしにくいため、立ち上がりがしんどいです。

ソファにあったダイニングテーブル

ダイニングテーブルとソファのセットが一番間違いがないかと思われますが、ダイニングソファを選ぶのにも

  • 今あるテーブルにソファを合わせる
  • ソファとテーブルをセットにする
  • ソファに合わせたテーブルする

などのお家事情によっても変わってきますよね。
お気に入りのソファとダイニングテーブルが別々の場合は、自分に合った差尺を考えて決めると落ち着いて食事を取る事ができるでしょう。

ソファダイニングのテーブルの高さは?

ソファダイニングのテーブルは高さが67~70cmが食事をするのに使いやすいです。合わせた椅子の座面高も38~40cmがおすすめです。
海外メーカーの椅子だと座面高45cmが高めのものがあるので一度すわってみて確認しましょう。
パソコン、ミシンなどの作業をすることが多い方だと目線がテーブルに近づくことで、作業はしやすくなるため、70cmがおすすめです。
雑誌や本を読んだり、音楽を聴いたりするなど、テーブルでゆっくり過ごしたい方は、テーブルの高さが低くなればなるほど、テーブルから感じる圧迫感が少なくなり、よりゆったりとした時間を過ごせるので66cmぐらいがおすすめです。

ソファダイニングのメリット

人数が増えても対応できる

ソファなので、1人用の椅子と違って肘かけもなく、詰めて座る事ができるので、来客時、座る人数が1~2人増えても対応できるがメリットです。

小さな子供だと特に詰めて座りやすいです。

リビングダイニングが広々つかえる

リビングにソファ、ダイニングにダイニングセットといった感じで分けることをせずに、ダイニングソファにする事でひとまとめに使う事ができるのが機能的で、リビングダイニングを広々と使えるのがメリットです。

部屋が狭いけど、ダイニングセットもソファも置きたい、そういう方には、おすすめですね。

くつろげる

食事が終わった後、そのままお茶を飲んだり、本を読んだり、作業をしたりとソファとして座れるのでゆっくりくつろげるのがメリットです。

足腰の負担が少ない

ソファダイニングにする事で、足腰が不自由な人にも負担が少なく、くつろぐこともできます。

ソファダイニングのデメリット

埃がたまる

ソファの下に隙間ができるタイプの場合は、埃がたまるというデメリットがあります。

掃除がしにくい

ダイニングソファは、大きく重く場所が固定されることが多く、掃除しにくいのがデメリットです。

特にL型のソファダイニングになると1人では移動しにくい為、床掃除がしにくいです。

模様替えが困難

ダイニングソファは、重いので一度場所を決めてしまうと、そう簡単に動かすことができないのがデメリットです。

部屋の模様替えを常にしてみたい方は、ソファの移動が簡単にできるかどうかも考えてみましょう。

移動がしにくい

ダイニングソファも椅子全体を動かすことができないので、一度座ってしまうと、ダイニングベンチのように真ん中に座った人の移動がしにくいのがデメリットです。

ベンチに収納が付いているタイプがあるのですが、椅子として、収納として一台二役の便利アイテムなのでしょうか?ベンチボックスの使い勝手はどうなのでしょう。

汚れる

ダイニングソファは、食事場所としても使用するので、くつろぎスペースとして使用するソファよりは、汚れやすいです。

小さな子供がいるお家は、特に食べこぼしで汚れることを考えておくほうがいいですね。

椅子の調整がしにくい

普通のダイニングテーブルは椅子が個々になっていますが、ソファダイニングは、ソファごとになるため個々に調節ができず、椅子の前後の調節ががしにくです。

ダイニングテーブルの高さが低い

通常のダイニングテーブル(約70cm)よりは高さが低くなるので他の椅子(大抵座面高42cm前後)と後から合わせにくいのデメリットです。買い替えの場合は、使っていた椅子の高さにも注意した方がいいですね。

ソファダイニングを決める為の5つのポイント

ソファの重さ

掃除の事、部屋のレイアウトを変更する事を考えてみると、移動のしやすさも考えてみないといけません。

椅子のように軽く移動できるタイプのソファにするのかなど、重さを考えてみましょう。

テーブルとソファの差尺

自分に合った差尺を考えてソファとテーブルの高さを考えてみなければ、テーブルが低かったり高かったりすると姿勢も悪くなり食事が取りにくいです。

テーブルとソファのサイズ

食事を時、ゆったり食事をするためのスペースを考えてソファとテーブルのサイズを考えてみましょう。

ソファに対してテーブルが小さすぎると食事の配膳にも困りますよね。

テーブルの形を考える

家族構成を考えてみて、ダイニングテーブルの形を考えてみましょう。対面に座るのか、L字に座るのかでもソファの大きさが変わります。

ダイニングテーブルを選ぶ時、どんな形の天板がいいかな、など考えますよね。丸や四角・楕円・伸長式などの天板7種類の形の特徴をご紹介します。

お手入れを考える

食事をするのでソファが汚れることを考えて、ソファの素材やお手入れのしやすさを考えてみましょう。

カバータイプのソファや汚れをふき取るだけでお手入れできるタイプのソファなどもあるので、家族構成を考えて選ぶといいですね。

ダイニングチェアを長く使用するためのメンテナンスの仕方やお手入れ方法を椅子の素材別にまとめてみました。

ダイニングソファの種類

ビングでもダイニングでも使える ソファベンチ A-JOY エージョイ

L字型としても使え、アーム部分の付替えが可能でコンパクトかつ多機能な、シンプルなデザインのダイニングソファです。

フルカバーリングリビングダイニングセット Coppia コッピア

バーチ天然木の柔らかな木目天板と明るいナチュラル色が特徴です。脚は北欧風のテーパードデザインで、ソファのカバーが外せるので汚れても洗うことができるダイニングソファです。

ダークブラウン ウォールナット モダンデザインリビングダイニング YORKS ヨークス

天然木ウォールナットの木目の天板に黒のスチール素材の脚のダイニングテーブルにレザーのソファがアーバンモダンな雰囲気です。

黒いスチールの脚つきダイニングセット99 ダブルナイン

古木風ヴィンテージの天板のダイニングテーブルとレザーソファがアメリカンスタイル のお部屋の雰囲気にあうダイニングソファです。

ヴィンテージダイニングテーブル Antield アンティルド

こたつもソファも高さ調節ができるヴィンテージでおしゃれなデザインのダイニングソファです。

まとめ

ソファの座面の高さは、座り心地を大きく左右されます。
高すぎたり、低すぎたり、足が付かなかったり、姿勢が悪くなったりと座ると疲れるというのは、どんなにお気に入りのソファを見つけたとしても、残念なことになりますよね。
自分に合った差尺を考えた上で、他のメリット・デメリットも思い浮かべながら、ダイニングソファを探す事で、ゆったりと落ち着いて食事をする事でき、お気に入りの空間になるでしょう。
お気に入りを見つけたら、まずは実際に座ってみることも大切です。

ソファとダイニングセットが欲しいけど部屋が狭くなりそう・・・なのでソファダイニングにしようと思っている方へ。どんなメリットとデメリットがあるのか考えてみましょう。

シェアする

フォローする