子供がいるお家のソファダイニングの選び方とメリット・デメリット

シェアする

北欧デザインリビングダイニング Manee マニー

リビングダイニングにソファもダイニングセットも置きたいと考えているけれど、ダイニングが狭くて両方置くとなるとスペースがかなりいりますよね・・・子供の遊ぶスペースも確保したいし・・・そこで一石二鳥なイメージのダイニングソファってどうなの?

ダイニングソファって食事以外にも、作業できそうで便利そうですよね。

ママが読書しながらお茶したりとくつろぎながら、すぐ横で子供を見守りながら、子供が遊べるスペースもできるようなイメージがありませんか?

実際は、小さな子供がいる場合は、ソファダイニングセットはどうなんだろう・・・ソファダイニングを置くとお部屋に圧迫感はないのでしょうか?

今回は子供がいるご家庭でのソファダイニングの使い勝手やメリット・デメリットを考えてみましょう。

ソファダイニングのテーブルの高さは?

ソファダイニングのテーブルは高さが67~70cmが食事をするのに使いやすいです。合わせた椅子の座面高も38~40cmがおすすめです。
海外メーカーの椅子だと座面高45cmが高めのものがあるので一度すわってみて確認しましょう。
パソコン、ミシンなどの作業をすることが多い方だと目線がテーブルに近づくことで、作業はしやすくなるため、70cmがおすすめです。
雑誌や本を読んだり、音楽を聴いたりするなど、テーブルでゆっくり過ごしたい方は、テーブルの高さが低くなればなるほど、テーブルから感じる圧迫感が少なくなり、よりゆったりとした時間を過ごせるので66cmぐらいがおすすめです。

食事中に「何となく落ち着かないなぁ」「食べにくいなぁ」など感じたことはないでしょうか?椅子が低かったり、高かったりとダイニングテーブルと椅子の高さが合ってない場合が多いのです。好みの椅子を見つけるとともに、座りやすく食事がとりやすい高さをしっかりと押さえておきましょう。

ダイニングセット 4点セット(テーブル+2人掛けソファ1脚+チェア2脚)幅150cm ソファカラー:ネイビー 子供の高さに合わせた リビング学習ダイニング Stud スタッド

ダイニングソファの高さを大人に合わせると子供には高すぎたりすると思いますが、子供に合わせると大人は座りにくくなってしまいます。

子供は、成長していきますよね。その度に椅子との差尺を考えるとなると・・・毎回椅子を購入するわけにもいきませんね。椅子をお子様の差尺にも合わせるなら、ダイニングソファを使いながら、子ども用のチェア・ストッケ・トリップトラップなどを併用するのも良いですね。

勉強をする時は、1脚タイプの椅子で、くつろぎながら本を読んだりゴロゴロしたい時は、ソファと使い分けるのもいいですね。

子供が小さいとダイニングテーブルで宿題をすることが多くないですか?食事もしやすく学習もしやすいダイニングチェアってあるのでしょうか?ダイニングチェアの種類や使い勝手が良いものの選び方を考えてみました。

最近では、低め(テーブル高65cm程)のダイニングセットも人気があるようです。高さがない分上部空間が広がり、従来のモノと比べると開放感があって、ゆったりとした気分で食事やお茶が楽しめます。

ソファ・チェアもテーブルに合わせて低めに設定されているので小さなお子様には床との段差が少なくなり、転がったとしてもケガが少なく安全に過ごせるというメリットがあります。

ソファダイニングにあうテーブルの脚のタイプ

ダイニングテーブルの脚にも種類がありますよね。ソファにあうダイニングテーブルってあるのでしょうか?

セットで購入する場合は、高さはあっていて使い勝手がよいのでしょうが、お気に入りのテーブルとソファの購入先が違っていたり、お家にあるダイニングテーブルと合わせてみようかなぁと思ったり、別々に選んだ場合、テーブルとソファの差尺に加えて脚の形や使い勝手も気になりませんか?

ソファって詰めて座る事ができるのにテーブルの脚にあたって座りにくいのは、嫌ですよね・・・

ダイニングテーブルの脚の形にはどんな種類があるのかなと考えている方へ。4つ脚とT字脚の2つが主にあるのですが、この2つの使い勝手を考えてみましょう。

テーブルは4本足と昇降式の1本足どちらがいい?

4本脚

北欧デザインリビングダイニング LAVIN ラバン

  • 収納スペースがあるタイプ

高さ調節できるダイニング Famoria ファモリア

  • 4隅に脚があるタイプ
メリット
  • 机下部分収納スペースがあるタイプのものがあるので、子供のちょっとした物置に使えたり、ママの一時スペースとしても使う事ができたりします。ダイニングが狭い場合のちょこっとした収納が便利ですね。
  • おしゃれなデザインのものも多くて種類が豊富な分好みのテーブルを見つけやすいです。
  • 4隅に脚があるため安定感があるので、子供がテーブルの端にぐっと手をついていてもぐらつくことがなく安心です。
デメリット
  • 脚が外側についている分出入りする時には、椅子を引くスペースが必要になります。ダイニングが狭い場合はあまりスペースが必要ない方が嬉しいですよね。
  • 出入りする時にテーブルの脚に足が引っかかる場合があります。
  • ソファダイニングは詰めて座る事ができるメリットがありますが、テーブルが4本脚の場合は外側にあしがついているので、ソファの端に座る人はテーブルの脚にあたる可能性もあります。小さなお子様ならテーブルの脚がそれほど気にならないでしょうが・・・

昇降式の1本足

モダンリフトテーブルリビングダイニング LIMODE リモード

メリット
  • テーブルの真ん中に脚がついているので、脚が引っかからず、出入りが楽です。子供なら潜って席に座りいったとしても脚に引っかかる事が少ないかもしれませんね。
  • 昇降式タイプなのでソファとテーブルを別々に購入した場合も高さ調整がしやすいので、ソファを買い替えた場合でも差尺の高さ調整ができるのがメリットです。
  • 高さ調整部分がペダルタイプのものだとママでも簡単に調整できます。
  • 子供のお友達が遊びに来てくれた時、テーブルでお絵かきや宿題をする場合など、子供サイズに天板を調整できます。
デメリット
  • 1本脚なので、立ち上がるときにテーブルに手を着いて立ったり、子供が何かを取りたくてテーブルに必要以上にもたれてかかってしまうとちょっとゆれたりするのが若干不安です。子供っていきなり思いもしない行動をしたりすることがありますよね。目を離した隙に、テーブルの上に乗るなんてことあるかもしれませんよね。
  • ソファを背もたれにして床面に座る習慣がある場合、足を伸ばすことができません。

ソファダイニング2つのタイプ

ベンチタイプ

フレンチシック シャビーデザインダイニング【cynar】チナール/ベンチ

  • 1脚ずつの椅子とベンチタイプのソファの組み合わせて使えます。
  • ベンチソファタイプの背もたれがないタイプだと目線が広がりお部屋がスッキリした雰囲気になります。
  • 壁につけることで背もたれになるので、子供が本を読んだりくつろぐことができます。
  • ベンチシートだとソファのようなふかふかゆったりとした感じではないので、ソファのイメージが違う?と感じるかもしれません。
  • ベンチシートだと座面の浅いタイプが多いです。
  • ベンチシートだと座面が固いタイプが多いです。座面が固いと食事が取りやすいのでダイニング向きです。
  • ママ友とおしゃべりをしている時、子供が寝てしまって抱っこしていないと寝ない場合・寝かしつけると起きてしまってぐずってしまう場合ってありますよね・・・そういった時は背もたれがないと長時間抱っこしながら座るというのはつらいですね。
  • 背もたれがないタイプだとまたいでサッと座る事ができます。
ダイニングテーブルとチェアのセット考えてみたとき、ベンチタイプの椅子もいいなぁ、便利そうだなぁと思ったことはないでしょうか? ベンチだと人...

L字タイプ

フルカバーリングリビングダイニングセット Coppia コッピア

  • リビングダイニングの空間が狭い場合、ソファダイニングを置く配置を考えてみましょう。子供がお手伝いしやすい配膳方法や子供が移動しやすい動線等も考えてみないとL字の場合、出入りも不便な場合があります。
  • 省スペースのお部屋ではソファとダイニングがセットになる事で部屋のスペースができ広々使えます。
  • L字の角には座りずらいし、食事をするのも使いずらいです。
  • 通常のダイニングとは違い、脚を伸ばしてくつろげるのはメリットです。

ソファダイニングのメリット

部屋を広く使う事ができる

リビングダイニングセット【E-JOY】イージョイ

ソファとダイニングセットを置くことで狭いリビングダイニングがさらに狭くなります。

幼稚園や、小学生くらいだとリビングダイニングで遊ぶことが多いですよね。

ソファダイニングセットを置くことでコンパクトになり広々とした空間ができます。

広々とした空間ができたことで、親の目が届く範囲の中、子供を安心してのびのびと遊ばせてあげる事ができます。

子供が小さい場合には、先にご飯を食べさせて、ママが後からゆっくりと食事をする場合でも同じ空間なので見守りながら食事を取る事ができるメリットとリビングを広く使うことができるというメリットが嬉しいですね。

リビングダイニングセット【E-JOY】イージョイ

上記のようにL字で組み合わせができるアイテムでは、部屋の角にぴったりと収まります。

部屋が広く見えるレイアウトにもなります。

そしてキッチンに背を向けて配置することで、キッチンのごちゃごちゃしたものが目に入らず、すっきりした空間ができ、くつろぎ度が増します。

お友達が来た時も詰めて座れる

ソファだと一人ひとりの座る場所が限られているわけではないので、並んで座れたり、子供の友達・ママ友が遊びに来てくれて一緒にご飯を食べるような場合、急な来客時でも少し詰めて座る事ができるのがメリットです。

お友達と並んでお絵かきなどもできますね。

くつろぐ事ができる

ソファダイニング BEDOX ベドックス

子供だとソファに寝そべったり、本を読んだり、ゆっくりとくつろげることができるのがメリットです。

子供の横について食事ができる

西海岸テイスト モダンデザインリビングダイニング DIEGO ディエゴ

ソファーダイニングの座面は、通常のチェアーより、広くゆとりがあるので赤ちゃんを横に寝かせて食事がとれます。
食事の手伝いがいる小さな子供にも、ぴったり横について手を差し伸べてあげることができます。

ママを挟んで両側に子供が宿題をする事ができて、勉強をみてあげやすいです。

きちんと座って食べる

床に座ってご飯を食べてると、小さなこどもはどうしても立ち上がったり、ふらふら遊びに行ってしまったり、落ちついて食べる事ができません。

ダイニングソファは、椅子に座って食事をするのと同じなのできちんと座って食事を食べる習慣がつきます。

宿題ができる

小学生の低学年だと特に宿題をリビングですることも多いかと思いますが、ダイニングソファだと食事の準備をしながらを準備しながら、子供の宿題を見てあげることができます。

自分の作業を一緒に並んですることもできますね。

座面が広い

広々とした座面があれば、赤ちゃんがいらっしゃる場合、横に寝かせて、そのままオムツ替えも楽ちんに行えますね。

ママ友とおしゃべり中、子供が寝そべりながら、ママの横でくつろぐこともできます。

授乳時が楽

授乳が必要な子供さんがいる場合、地べたに座って授乳するより、高さのあるソファに座りながら授乳する方が楽です。

また、寝返りのできない赤ちゃんの場合は、授乳後そのままソファでお昼寝させても落ちることがないし、特に冬は床は寒いのでそういう意味で安心ですよね。

ソファダイニングのデメリット

ソファに立ち上がる

子供って、何でも遊び道具にもなりますよね。

お友達が遊びに来てくれたら嬉しすぎて、はしゃぎすぎて、ソファにも立ち上がるったりジャンプしたりする事もあるかもしれません。その時は転落してケガをしてしまわないかと心配になりますね。

床にジョイントマットなどが敷いてあればケガの軽減になるかもしれないですね。

ジャンプされることでソファが傷みやすくなる事も考えておきましょう。

ソファの背もたれに座る

子供ってそんなところに座るの?って思うようなところにすわるんですよね・・・ソファの座面ではなく背もたれの淵に座ってあげく・・・ひっくり返ってしまうパターンもあるので注意が必要です。

床に物を落としてしまう

床に物を落としてしまったりすると、子供が小さいといちいち拾ってあげなくてはいけません。

その度にソファを動かすとなると、面倒です。

椅子の調整がしにくい・・・

椅子の前後の調節がソファごとになるため調節がしにくいです。
食事をするとき、テーブルが近い方が食べやすいですよね。
食事をする時に子供に合わせてソファを置くと大人が座りにくくなります。

食事の時は、子供チェアを使うのもいいですね。

奥に座ると移動が大変

人数がたくさん座れるのかもしれないですが、奥に座った人が出入りしたい場合、手前の人に移動してもらわなければならないです。子供なら小さくてひょいとまたげても大人はそういうわけにいかないですよね。

L型のソファダイニングになると更に移動しにくいです。

こういった場合は、すべてをソファにするのではなく、ソファと椅子を組み合わせるのがおすすめです。よく席を立って動き回るお母さんは椅子、それほど動かなく座って食事をするお父さんはソファ、のように分けて使うのもいいですね。

汚れやすい

小さな子供が食事中にうっかりお茶をこぼしてしまったり、ご飯やお菓子の食べかすがポロポロ..こぼれたりといったことが多いので、ソファが汚れて手入れが大変です。

床にも食べかすが落ちて毎回のお手入れが大変です。

ソファダイニングにも、レザー・ファブリック・合皮など色々な素材があります。

ソファのカバーがあったり、水を弾く素材があったりとお茶をこぼしてもすぐにふきとれば染みも防ぐことができます。

といっても、子供は汚してしまいますよね・・・食事の前に子供の周りにブランケットや大判タオルを敷いて少しでも汚れにくく工夫してみると良いかもしれませんね。

そして、ソファはダニが多い場所でもあります。ダニの少ないレザー素材にしたり、ファブリックの場合はカバーリングタイプにして清潔にできるようにするのがおすすめです。

ダイニングテーブルの塗装や種類によって、お手入れ方法が違います。 基本のお手入れ方法から油汚れ・マジック汚れなどのお手入れ方法を考えてみました。

子供の姿勢が悪くならない?

ソファの座面が柔らかいと座ると沈んでしまいます。さらに背もたれまでの奥行きが深くなれば、もたれかかって食べてしまったりすると子供の姿勢も悪くなります。

子供の姿勢が悪くならないように座面が硬く・奥行きが深くないものを選ぶと良いです。背もたれのないベンチタイプのものだと寄りかかることもなく食事ができますね。

ゆったりした大きなソファとは違う

ダイニングソファは、基本食事をするために作られているため、ソファ単体のように座面が柔らかくゆったりくつろぐことができるイメージとは違います。

くつろぎを重視したダイニングソファの場合、食べるときに窮屈感が出てしまうのはデメリットですね。

どちらを重視するのかでも選び方が変わってきます。

掃除が大変

子供がいることで汚れてしまうことも多く感じられませんか?

色々な物を落としたり、宿題をした後の消しゴムのかすが床に落ちていたり、おりがみをちょきちょき切った紙くずが散らかっていたりすることも・・・そうなるとお掃除の回数が増えますよね・・・その度にソファを移動させるというのは大変です。

ソファの足の高さが掃除機の先が入ったり、さっと床掃除ができるクイックルが使える高さを選ぶと移動させる回数も減りますね。

ダイニングソファのケアが大変

ダイニングソファの座る位置が決まってきたりすることで、空いた座面のスペースにも汚れがついたり、お子様がいる場合、食事以外でもお絵かきをしたり、宿題をしたりする事でペンがソファについてしまうことも・・・気づかずに汚れがこびりついてしまったり、座りっぱなしの場所だけが傷んできた場合、椅子だと座面を張り替えたり、一脚だけ購入すればいいですが、ソファだと大きくなる分コストもかかってくるし、全面の張り替えとなると大変です。

普通のダイニングセットとくらべて

ダイニング

  • 食事をする。
  • 家族や親しい人とお話しする。
  • 書類を広げて書く。
  • 宿題をする。
  • パソコン作業をする。

リビング

  • くつろぐ。
  • テレビを観る。
  • 音楽を聞く。
  • 本を読む。
  • ママ友とおしゃべりをする。

と、いった感じの空間になりますよね。

ダイニングセットの椅子は座面も固く食事をするために作られています。

ソファは、リビングでくつろぐことができるというイメージがあります。

ふかふかと沈み込むソファが良い場合は、ダイニングソファ向きではないです。なぜなら、座面が沈むと食事がしにくいからです。

ソファで気持ちよくなりすぎて、食事中に子供がゴロゴロ寝そべてしまわれても困りますよね。

ふかふかソファを希望するならば、使う用途をわけて普通のダイニングセットでの食事がおすすめです。

食事をするためのソファと考えるなら、座面・高さ・お手入れを食事のしやすさを一番に考えてみるといいでしょう。

ダイニングソファセットとして販売されているタイプは、食事のことを考えられていて座面は柔らか過ぎず、固過ぎないようにしてされているので、長く座っていても疲れにくくなっています。さらにロースタイルのものが多く空間がスッキリ広く感じられ、床に近い分、お子様が一人で座っていても安心です。

ダイニングソファの種類

ヴィンテージスタイル ソファダイニングセット BEDOX ベドックス

 BEDOX ベドックスは、ヴィンテージスタイルがおしゃれなロータイプのダイニングソファです。床との距離が近いソファなら子どもたちだけで座っていても安心ですね。

グレー モダンデザイン ソファダイニングセット【HARPER】ハーパー

【HARPER】ハーパーは、天然木のフレーム木目が美しく、カフェのようなおしゃれで落ち着いた空間に変えてくれるダイニングソファです。
食事の為のダイニングとくつろげるリビング空間を同時に実現でき、目の届く場所なので、お母さんが用事をしながらでも子供を見守ることができますね。

ミックスカラーソファベンチ リビングダイニング【E-JOY】イージョイ 別売りカバーリング

【E-JOY】イージョイは、空間をスッキリさせるシンプルなデザインのダイニングソファです。洗えるカバーリングお子様がいるご家庭では食べこぼしも多くファブリックだとシミになってしまうのが気になりますが、洗えるカバーリングだと汚れたときにさっと変えれるのは魅力的ですよね。

天然木北欧スタイル ソファダイニング 【Milka】ミルカ

【Milka】ミルカは、天然木北欧スタイルソファダイニング です。小さなお子様なら3人座っても余裕です。立ったり座ったりすることが多い子どもには、ベンチタイプが便利です。木製の椅子なので子供が食べこぼしてもさっと拭きとることができます。

Delight ディライト

Delight ディライトは、収納ラック付き エクステンションダイニングです。

収納ラックには、小物や雑誌・絵本を収納する事ができるので子供が読みかけの本を一時的において置くこともできますね。テーブルが長さを調整できる伸縮スタイルなので、子供のお友達が集まる時、たくさんの料理を並べたい時、家族が増えた時、広々ゆったりと寛ぐことができます。

子供の高さに合わせた リビング学習ダイニング Genius ジーニアス

Genius ジーニアスは、テーブルが少し低めになっているタイプです。食事をする時、勉強をする時の高さが使い勝手が良いように子供の座高に合わせられたダイニングセットですが、沈み込みのあるソファを合わせることで、大人もちょうどいい高さになっています。

まとめ

ソファダイニングは、食事スペース &くつろぐスペース を1箇所にまとめることができ、お部屋が広くなり、子供が安全に遊べるスペースが増えるのは魅力的なメリットですよね。

思いもよらないことをするのが子供だと思うので、デメリットも色々あるかと思いますが、子供の成長を考えて、使い勝手のよいダイニングソファが見つけることで、兄弟・姉妹で宿題をしたり、おもちゃであそぶなど家族が一緒に時間を共有できる空間になりますね。

シェアする

フォローする